瞬間英作文

瞬間英作文

今英会話教材として注目されている「瞬間英作文」シリーズ
瞬間英作文を最大限に生かして最短で英会話を身に付ける方法を紹介していきます。

 

 

〜瞬間英作文を通読した感想〜

 

まず瞬間英作文を通読した感想をば。

 

「瞬間英作文」というタイトルから察する通り、全体的に平易な和文を瞬間的に英語へと
訳していく、というものです。
文法・構文レベルは中1レベルの簡単なものから、高校1年レベルといったところです。

 

 

正直会話をするだけだったら「充分」です。
私は仕事で英語を使ったり、海外の友達と英語を話す機会がありますが、
瞬間英作文に掲載されている文法、構文を使えたらおつりが来ると思います。

 

 

なぜ「英作文」なのか

「中学・高校でたくさん英語をしてるけど、日本人は英語が話せない!」ってよく言いますけど、
みんな感じてると思います。
「そりゃそうだ」と。

 

 

文法とか読解が学校英語、受験英語の中心ですから、そりゃ話せなくて当然ですよね。
別にそれが悪いこととも思いません。

 

 

ただやっぱり「英語が話せるようになりたい」、とか「仕事上英会話が必要」、とうことだったら話すことに重点を置いて英語を勉強する必要がありますね。
そんなに難しいことじゃありません。

 

 

で、なぜ英作文が英会話に有効なのか?

 

文法を覚える、長文を読むというのは「インプット」の作業ですね。
日本の英語教育はこれを重点的にやりますから、日本人の文法力、読解力はけっこう高いです。

 

 

でも英会話って自分の意思を言葉にするわけだから「アウトプット」ですよね。
要は頭の中で英作文をするわけです。

 

これを日本の英語教育では重視していないので、話すのが苦手で当然です。

 

逆に言えば、英作文を書いたり、頭で作ったりという作業をこなせば、どんどん話せるようになるわけです。

 

これは僕自身身を持って体験したことです。

 

面接で、「英語は話せますか?」との問いに、「日常会話レベルなら問題ありません。」との虚言を吐き就職した会社で、意外と僕の英会話力は伸びました。

 

 

僕はある建築関連の会社の海外事業部に配属されたのですが、
受験勉強でガッツリ英語を勉強していたものの、ご多分に漏れず英語が話せない日本人でした。

 

 

出張が年に2回ほどあると聞いてはいましたが、どうせ年2回だし、
しかも出張は入社3年目からって言うし、まぁのんびりしていました。

 

 

でも日々の業務で英語は毎日けっこう使いました。
主な業務は、

 

@メールのやり取り
A説明書の英訳

 

英語を話す機会はまったくありませんでしたが、メールのやりとりは毎日けっこうやってました。

 

 

英語を話す機会は当分ないわ!と安心しきった毎日を送ってきましたが、
その日は突然訪れました。

 

「来月、アメリカ出張ね(ニコッ)」っという上司の言葉。

 

 

次の月ロサンゼルスへ出張に向かいました。

 

 

で、アメリカの客先と英会話をすることになったのですが、
正直まだまだというレベルでしたが、入社する前より全然話せるんです。

 

 

話しながら気づいたんですけど、
話してる内容って普段メールで書いていることだったり、英訳してる説明書の内容だったりしたので、しかも普段その内容を「読んでる」わけじゃなく「書いてる」ので、

 

 

普段文章を書く感覚で言葉が出てくるんです。

 

「頭の中で文章を書いて、読み上げる」感覚、と言いますか。
話しながら、「あっ、この文章書いたことある!!」って何度も思いました。

 

 

まだ英会話経験が少ない人には感覚が伝わるか不安ですが、
「英語を書く、あるいは英語に訳す」作業って、「話す」作業とほぼ思考回路は一緒です。

 

だから普段英語の文章を書いたり、英訳を作ったりしてたら、普段全然英会話なんかしないのに、
けっこう話せるようになってたんです。

 

じゃあこれと同じ現象を瞬間英作文を使って、どうやって起こさせるか。

 

⇒瞬間英作文の使い方を考えていこうと思います。